賃貸物件を取り扱う不動産会社の立場

賃貸物件探しのために不動産会社のお店に行くと、物件広告を閲覧することができます。この広告の中に、取引態様という項目があります。この取引態様は、不動産会社がどういった立場でその物件を扱っているかを示すものです。取引態様には、貸主・代理・仲介の3つがあります。貸主というのは、不動産会社が所有する物件について自らが貸し手となり賃貸契約を交わすものです。代理というのは大家さんなど物件の持ち主に代わって借り手を探すという立場です。そして仲介は、大家さんと借り手の間に不動産会社が経って契約成立の仲立ちをします。

↑PAGE TOP