バリアフリーの賃貸物件探し

車いすなどが必要な障害をお持ちの方や、高齢者が住む場合、バリアフリーが必要になります。バリアフリーの賃貸物件専門のHPがある不動産も増えています。物件のお部屋の情報のみにとどまらず、バリアフリー物件の多い都道府県を、ランキング形式で掲載している不動産もあります。マンションはエレベーター付きで段差が少なく、手すりを通路や屋内につけるといった物件が多く、一戸建て住宅なら、便利な立地で、駐車場を広く取り、玄関を広めに設計された物件が入居者に好評価を得ています。

賃貸物件の方角の選択

賃貸は、さまざまな方角に向いた部屋が出ています。したがってどの向きを選べばよいか迷うことがあります。もし陽当たりを中心に考えるならば、東向きや南向きを選べるならば無難です。西日があたったり、一日中陽がささない向きよりはその方が洗濯物の乾きや部屋の湿気を抑えることができるからです。そして用途によっては北向きを選ぶこともあります。あまり強い光を必要としない、絵やイラストを描く場合などは穏やかな陰影が得やすいためにそういった物件を選ぶこともあります。

↑PAGE TOP