賃貸マンション購入の消費税

賃貸マンションを購入すると消費税を支払わなければなりません。消費税は、建物の価格分だけ支払えばよく、土地は消費するものではないので、土地にはかかりません。家賃も賃貸物件の種類によってかかるものとかからないものがあります。住宅用マンションの家賃には、かかりませんが、テナントなどの店や事務所として使用する場合は税金がかかります。3%のころは税金が家賃にも課税されましたが、平成3年10月より、税制が改正になり住宅用の家賃には課税されないことになりました。住宅用物件は事業用とは認識されず、大家さんは免税事業者となります。

購入か賃貸かを考えよう

同じ部屋に住むのであったとしても、どういった形になるかはそれぞれの契約により異なります。賃貸をイメージする方も多いでしょうが、最近は購入するという形も人気となっています。同じだけのお金を使うのであれば、賃料としてではなく代金として支払ったほうが自分のものになるという事で大きなメリットになるといえます。ただし、一度に多額の金銭が必要になるという事もありますから、難しいところもあります。また、自分のものになるという事は修繕費用なども自分持ちになるという事に注意が必要です。このようなことを考えあわせたうえで賃貸か購入かを決めていきましょう。

↑PAGE TOP